Amazon returned invalid HTTP response code 503

松山のNPO就学支援 2留学生、今...

2017年 3月 8日 水 9:39 pm

速報ウェブスピーチ »

速報テキスト解析 »

毎日新聞

松山のNPO就学支援 2留学生、今春卒業 「日本との懸け橋に」 /青森
毎日新聞
松山市の認定NPO「国際地雷処理・地域復興支援の会」が就学を支援した2人のカンボジア人女子留学生がこの春、卒業を迎える。八戸学院光星高(八戸市)から松山東雲女子大に進んだタン・チェンターさん(23)と、聖カタリナ学園高(松山市)を卒業するスロ・リスラエン ...

カンボジアは残存率3割弱、離島の男性は全滅――山本一郎氏が聞く、オフショア&ニアショアで働き手を開拓し続けた企業の8年間 (1/3)
@IT
そしてKBB,I&D取締役の浦坂周氏だ。 KBB,I&Dは、Webサイトの制作、システム開発、スマートフォンやタブレットのアプリケーション開発などを行うシステム開発会社だ。神戸本社、東京事業所の他に、カンボジアにラボがあり、現地からのインターンも定期的に受け入れている ...

カンボジア「ハッピー・ピザ」の謎を追いかけて #2 - エキサイトニュース(1/2)
エキサイトニュース
カンボジアの首都プノンペンで、注文時に「ハッピー?」と訊かれ、「イエス」と答えると大麻入りのピザが出てくるという謎の噂を聞き、行ってみたという話の続き。国連職員も ...

and more »


ganas(運営団体:特定非営利活動法人開発メディア) (プレスリリース)

地雷で右足を失ったカンボジアの男、ピーク時は月収45万円!
ganas(運営団体:特定非営利活動法人開発メディア) (プレスリリース)
カンボジア・シェムリアップに、地雷で右足を失いながらも、努力を重ねてビジネスを立ち上げ、成功している青年起業家がいる。ムイ・セウ・ベルさん(35)だ。 彼は7歳のとき、地雷を踏んで右足を失った。「生きたくない。死にたい」と何度も思った。なんとか高校を卒業したときには ...


ganas(運営団体:特定非営利活動法人開発メディア) (プレスリリース)

カンボジアの地雷活動家アキ・ラー氏を応援する川広肇さん、「日本人サポーターを 1000人に増やしたい」
ganas(運営団体:特定非営利活動法人開発メディア) (プレスリリース)
カンボジアで地雷を除去しているカンボジア人のアキ・ラー氏を4年間支援する日本人がいる。川広肇さん(63)だ。川広さんはシェムリアップにあるアキラ地雷博物館でボランティアガイドをしながら、「アキラ地雷博物館・日本人応援団」を設立し、団長としてアキ・ラー氏の活動を ...

Powered by Google

このエントリーをはてなブックマークに追加